沿革

昭和12年 2月 故中川庄太郎、金沢市浅野本町にて中川製紙所創業
昭和23年 4月 金沢市北安江に土地6,600㎡、建物2300㎡買収移転
昭和27年 4月 中川製紙株式会社設立。資本金150万円、中川庄一初代社長に就任、仙貨紙、襖紙、カレンダー用紙抄造
昭和32年 11月 第3号抄紙機にてライナー紙抄造開始
昭和35年 12月 断裁工場より出火、全工場大半焼失
昭和36年 9月 全工場再建完了
昭和41年 4月 色ライナー抄造開始
昭和42年 11月 第2号丸網多筒式抄紙機建設完了
昭和43年 9月 関係会社中央パッケージ株式会社を金沢市大友町に設立
昭和44年 7月 松任市(現白山市)相川新町地区に工場用地34,600㎡買収
昭和48年 6月 松任工場建設完了、同工場内第5号丸網多筒式抄紙設備稼動
昭和51年 3月 美川町に工場建設予定地16,816㎡買収
昭和52年 4月 色白ライナー専抄メーカーとして、従来のジュートライナー抄造中止
昭和56年 5月 第6号丸網多筒抄紙機建設完了
  10月 資本金9,500万円
昭和58年 9月 株式会社ナカガワ設立(古紙原材料販売)
昭和60年 6月 第7丸網多筒抄紙機建設完了
平成元年 1月 第1号丸網短網多筒抄紙機建設完了
平成7年 4月 コージェネレーションシステム稼動
平成15年 12月 第二製品倉庫・エンボス加工場新設
平成16年 10月 コージェネレーションシステム廃止
平成17年 8月 第7号抄紙機バット改造工事
平成17年 11月 ボイラー設備を小型貫流式ボイラー、7基に更新
平成19年 12月 原質設備の改造工事
平成21年 8月 第7号抄紙機BM計設置
平成22年 3月 第7号抄紙機スクリーン改造工事
平成22年 6月 オゾン式脱色排水設備稼動
平成22年 9月 第5号抄紙機スクリーン改造工事
平成23年 3月 第6号抄紙機スクリーン改造工事
平成25年 4月 白山市水島町に太陽光発電所(421.26kw)新設稼働
平成28年 1月 ボイラー設備を木質バイオマスボイラー1基、高効率貫流ボイラー4基に更新

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

TEL 076-276-5551
FAX 076-276-7135

アクセス

石川県白山市相川新町718番地 [地図]